INTRODUCTION

シリーズ史上初フル3DCGアニメーション

神山健治(『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズ) × 荒牧伸志(『APPLESEED』シリーズ)による
たな攻殻機動隊、始動

情報ネットワークとサイボーグ(義体)技術の発達により人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来において電脳犯罪に立ち向かう全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる攻性の組織、攻殻機動隊。

1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)、神山健治監督による『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズ(2002年~)、黄瀬和哉総監督による『攻殻機動隊ARISE』シリーズ(2013年~)、ハリウッド実写映画化されたルパート・サンダース監督による『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017年)等、これまで様々な作品群が展開され、その先鋭的且つ圧倒的な世界観とビジュアル表現により、全世界のクリエイターに影響を与えてきた近未来SFの金字塔。そして、2020年。その最新作となるアニメーションシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』が、新たな未来像を提示する。

『ULTRAMAN』(2019年)に続き、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、『APPLESEED』シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督により構築されるのは、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーション。アクターの演技をキャラクターに反映させるモーションキャプチャー技術を導入した演出と、3DCGによるフォトリアルなビジュアルにより、未だかつてないサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる。
制作はProduction I.G × SOLA DIGITAL ARTS。

NETFLIXにて、2020年4月 全世界独占配信開始

The first fully 3DCG series in the franchise

Get ready for an entirely new look
for the Ghost in the Shell franchise, from
Kenji Kamiyama(Ghost in the Shell: Stand Alone Complex series) and Shinji Aramaki(Appleseed series)

Cybercrime is rampant in a near future where advances in technology allow people to augment their minds with “cyberbrains.” Full-body cyborg Motoko Kusanagi commands the crime-fighting organization known as Public Security Section 9.

The franchise has already seen numerous spinoffs from Shirow Masamune's original 1989 manga Ghost in the Shell, including: Mamoru Oshii's 1995 animated film of the same name, Kenji Kamiyama's Ghost in the Shell: Stand Alone Complex series (2002 ~), Kazuchika Kise's Ghost in the Shell: Arise series (2013 ~), and Rupert Sanders' 2017 live-action Hollywood version, again entitled Ghost in the Shell. These works, have influenced creators worldwide with their sharp, powerful and visually stunning depiction of the near future. Now, Ghost in the Shell: SAC_2045, an entirely new animated series set for release in 2020, will showcase a brand new vision of the future.

Kenji Kamiyama and Shinji Aramaki join forces again to co-direct the production after working on Ultraman (2019) and create the franchise’s first portrayal in full 3DCG animation. With state of the art motion-capture technology, photo-realistic 3D graphics and a brand new story focused on Major Kusanagi and her team, we are about to witness a new landmark in cyberpunk action. The series is a co-production between Production I.G and SOLA DIGITAL ARTS.

Streaming globally on Netflix in April 2020.

STORY

持続可能な戦争サスティナブル・ウォーがもたらす
たな支配種“ポスト・ヒューマン”

組織される草薙素子率いる
公安9課、通称“攻殻機動隊”

2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した。だが人々が、AIによる人類滅亡への危機を日常レベルで実感できるまでには衰退の進んでいない近未来―。

内戦・紛争を渡り歩き、廃墟が横たわるアメリカ大陸西海岸において、傭兵部隊として腕を奮っている全身義体のサイボーグ・草薙素子とバトーたち元・公安9課のメンバー。電脳犯罪やテロに対する攻性の組織に所属し、卓越した電脳・戦闘スキルを誇っていた彼女らにとって、この時代はまさにこの世の春である。そんな草薙率いる部隊の前に、“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が突如として現れる。彼らは如何にして生まれ、その目的とは。大国間の謀略渦巻くなか、いま再び“攻殻機動隊”が組織される―。

When sustainable war spawns a
"post-human" threat,
Major Kusanagi and her Section 9 team
are called back into action

In the year 2045, after an economic disaster known as the Synchronized Global Default, rapid developments in AI propelled the world to enter a state of “Sustainable War”. However, the public is not aware of the threat that AI has towards the human race.

Full-body cyborg Major Motoko Kusanagi and her second-in-command Batou are former members of Public Security Section 9, who are now hired mercenaries traveling hot devastated American west coast. This land is full of opportunity for the major and her team, they utilize their enhanced cyberbrains and combat skills from their time working in Section 9. However, things get complicated with the emergence of “post humans,” who have extreme intelligence and physical powers. The members of Section 9 comeback together again in order to face this new threat.